エアプランツ M 各種

  • 不思議でユニークな植物、エアプランツ。
    エアプランツは土の要らない植物で、北アメリカ南部~南アメリカの砂漠や雨林に生息し、岩石や樹木に張り付いて生活しています。
    その独特な性質とスタイルから、器に飾るのはもちろん、壁に掛けたり天井からつるしたり等、様々なインテリアとして楽しめます。
    オブジェやアートのように見えるかっこかわいい植物です。

    (管理方法)
    空気中の水分や窒素などを吸収して成長します。夜間に葉から水分を吸うので、夕方から夜間のみずやりがおすすめです。水やりは霧吹きで葉を濡らす形でも行ってください。また月に一回程度、バケツなどに水を張りその中へ一晩浸けてください。ソーキングという手法で水分不足を補いますただし、長時間つけることは避けてください。エアプランツは湿度が高い状態がつづくと腐ってしまうことがあります。冬や湿度の多い時期は水やりの回数を減らし気味にして下さい。

     

    左から【ブラキカウロス】約10cm前後 /【マグニシアナ】 約10cm前後 /【メラノクラテル】約15-20cm前後 /【シルシナータ】約15-20cm前後 /【カプトメデューサ】約10cm前後

    ■RCC-AIR-M 
    原産国 中南米