​ハイドロカルチャー初心者の方必見!

いろいろな疑問にお応えするQ&A特集

ハイドロカルチャーに使える肥料は?

​ハイドロカルチャー用の肥料は、プランテリアでは2種類あります。

イオン交換樹脂栄養剤

ハイドロカルチャー専用の肥料です。鉢底に入れて使用します。

​水分中の有害物質を吸着し、その分だけ緩やかに栄養成分が水に溶けだし、植物の根にいきわたります。効果は約3ヵ月間持続します。

ハイドロファーム

​​お水の代わりにあげられる栄養剤です。ガラスの表面が藻などで汚れにくい効果があります。イオン交換樹脂よりも即効性があります。

Please reload

​一般的な園芸用の肥料も使えますが、やや注意が必要です。

また、観葉植物用とされているものの方がおすすめです。

(観葉植物には花がつかない為、花に必要な肥料成分が不要になります。)

注意しなければいけないのが、肥料の濃度です。

これらの肥料は一般的に水で希釈して使用しますが、説明書きの濃度の5倍程度に薄めてご利用ください。

土の肥料は、あげても鉢底から水と一緒に流れてしまう(流亡といいます)ため、水を溜めるハイドロカルチャーにとっては濃すぎてしまう可能性があります。

肥料成分が濃すぎてしまうと、植物の根が傷めてしまうこと(根焼け・肥料焼けと言います)があります。

余談ですが、ハイドロカルチャーは、肥料を無駄にしないエコな栽培方法ともいえます。

当農場での栽培設備では、肥料成分の入った水が循環しており、肥料濃度をチェックしながら必要な分だけ補充しています。

ハイドロカルチャー 農場
ハイドロカルチャー 水質管理