​ハイドロカルチャー初心者の方必見!

いろいろな疑問にお応えするQ&A特集

レカトン(ハイドロボール)の表面が白くなってきたら?

ハイドロカルチャーを育てていくと、レカトンの表面に白くなってくることがあります。

カビが生えてきたと思われる方もいるようですが、レカトンは完全に無機質な素材ですので、これにカビが生えてしまう事はありません。

正体は、水道水に含まれるミネラル(主にカルシウム)です。

ハイドロカルチャーは底面に溜まった水が毛細管現象によって、じわじわと上まであがってきます。

鉢の上部まで上がってきた水分が蒸発した時、ミネラル分が残って表面に残ってしまいます。

いわゆる、水回りの水垢と同じ成分です。

植物には悪い影響はありません。​

表面が白くなったからといって、植物が傷んだりすることはありませんのでご安心ください。

見た目は悪いので、表面を取り換えましょう。

レカトン(又は植込み材)の表面を少しだけ取り除き、新しいものと交換しましょう。​

古いものを再利用する場合は、しばらく水やお湯に浸けておくと少し溶けますが、キッチンまわりの水垢と同様に​落としきるのはちょっと大変です。

レカトン 白い粉 カビ