雑貨屋さんFlying tiger(フライングタイガー)で見つけたハイドロカルチャーの観葉植物にピッタリな器 12選

北欧の雑貨屋さんといえば、ココ。というくらい有名な雑貨屋さんです。

数年前に日本に1号店がオープンしたときは、在庫がなくなりお店が閉まるほどで、テレビなどでも紹介されていたのをよく覚えています。

フライングタイガーは、デンマークで生まれた北欧雑貨の店です。

北欧らしいおしゃれなデザインにもかかわらず、お値段が非常に安いのが人気の理由です。

シンプルな器から個性的なものまで、いろいろなカラーや形のものがあります。

いくつか購入してきたものに植物を植えてみましたのでご紹介します。

1.​ペールボックス型ペンケース

海外でよく見かけるペールボックスのミニチュアサイズです。

お店ではペンケースとして売られています。カラーもたくさんあります。

なんだか、お店に立ち寄るたびに、違う色が売られているような気がします。。。

コーヒーの木を植えてみました。

2.​手の形

左側は、アクセサリースタンドとして販売されています。指に指輪などをひっかけて使いますが、エアプランツのスタンドにピッタリです。

右側はグーの中が空洞になっていて、ハイドロカルチャーの観葉植物が植えられます。

観葉植物は、幸福の木(マッサン)です。

ちなみに反対側はこんな感じです。

購入したのは白いものですが、別にゴールドのやつもあります。

ピカピカです。

3.キャンドルホルダー

実際の売り場では、色や形が違うものがたくさんあります。

価格も\100~でとても安いです。

ガジュマルをネオコールの小粒(ホワイト)で植えてます。

​4.​ペールトーンのセラミックポット

優しく落ち着いた色合いの陶器です。

シンプルでコーディネートしやすい陶器だと思います。

観葉植物の種類は、

右 :パキラ

左 :シェフレラ(斑入り)

中央:シンゴニウム・シェフレラ・ヒポエステス・ポリシャス(タイワンモミジ)

です。

5.​タンブラーとミニジャー

どちらにも目が描かれている、ちょっと変わったデザインです。

観葉植物は左から、プミラ・サンデリー・ソテツです。

両側のガラスは、ネオコール小粒(ホワイト)を使っています。

6.スワンのフラワーベース

園芸屋さんでは、まず見かけないユニークな器です。

これ、紐がついていてつるせるようになっています。

ひらひらした葉っぱがよく似合います。

こちらの観葉植物の名前は、ポトスマーブルです。

7.​シンプルなフラワーベース

こちらも吊るせるようにひもが付いています。

実際に吊るしてみるとこんな感じです。

この品種は、フレボディウム ブルースター です。

ハイドロカルチャーの場合、底に穴がないので、吊ったままでも水やりできます。

水やりの後も、ぽたぽた落ちないので便利ですよ。

9.​陶器のタンブラー

こちらは、ポップな商品の多いフライングタイガーではやや異色な、渋めのデザインです。ガジュマルとの相性がとてもいいです。少し和風な感じにもなります。

いかがだったでしょうか?

一般の園芸、植木鉢として考えると鉢底の穴も受け皿もないのでそもそも使うことができません。しかし、ハイドロカルチャー目線で見てみると、実に多くの器が使えます。

フライングタイガーのお店は、日本全国にどんどん増えているようです。

近くにできた際には、立ち寄られることをぜひおすすめします。


特記記事
最新記事